經濟新聞

旗幟廣告
把握經濟動向,及時發現新商機??!

きふきふ*ふるさと往來クラブ

旗幟廣告
買い物で社會貢獻するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往來 クラブの活動 を支援することができます。

地方信息專題

旗幟廣告
從東京到山梨縣無論是電車或汽車都能自啊兩小時內達到。說到山梨的魅力,不得不提到雄偉的富士山。

東方通信社發行 學苑報

旗幟廣告
面向中國國內大學,日語專業學生發放的免費雜志
Home China Online CRI 中國人権研究會 米國の侵略戦爭が深刻な人道主義の災いもたらす
中國人権研究會 米國の侵略戦爭が深刻な人道主義の災いもたらす 打印
2021-04-09 17:02

中國人権研究會は9日、「米國の対外侵略戦爭が深刻な人道主義上の災いをもたらす」と題する文章を発表し、「人道主義による干渉」との看板を掲げて國外に対して武力を発動する米國の悪質な行為と、これらの戦爭が多くの軍人の生命を奪っただけでなく、一般人の死傷や財産の損失をもたらし、深刻な人道主義上の災いをもたらしてきたと指摘しました。

同文章は第二次世界大戦後に米國が発動した一連の侵略戦爭を列挙しました。大まかな統計によれば、第二次世界大戦終了時から2001年までの間に世界の153地區で発生した248回の武力衝突の中で、米國が引き起こした衝突は201回でした。米國はそれ以外にも代理戦爭や、國內反亂の扇動、暗殺、武器弾薬の提供、反政府武裝勢力の訓練などの方式で他國にしばしば干渉し、関係國の社會の安定と民衆の安全に甚だしい損害を與えました。

文章は、米國が発動した対外戦爭による深刻な悪影響として、數多くの死傷者の発生、施設の破壊、生産の停滯、大量の難民の発生、社會の混亂、生態系の危機、心の傷など一連の社會問題を挙げ、関係のない國をも傷つけ、米國自身も対外戦爭の犠牲になったと指摘しました。

文章はさらに、軍事行動による人道主義の危機の根源は米國の覇権思想であり、覇権主義國家に他國の人権を守ることを期待することは無理な話だと指摘しました。文章はその上で、私利私欲の追及を至上原理とする覇権思想を捨ててこそ、人道主義上の災難を回避して互恵とウィンウィンを実現でき、各國人民が各種の基本的人権を真に享有することができると強調しました。